ぜろりん釣り日誌

釣り(主にバスフィッシング)に関してのブログ。オフシーズンは釣り道具紹介になりがち…。

ロッドのルアーウェイト表記をどこまで参考にするか

こんにちは

ぜろりんです。

 

皆さんはロッドのルアーウェイト表記をどこまで気にしているでしょうか。

「表記された範囲でしか使用しない」という方もいれば、「表記の倍ぐらいのウェイトのルアーも使用している」という方もいると思います。

では実際のところ、この表記範囲をどの程度参考にすればよいのでしょうか。

f:id:basutazan:20210331203330p:plain

そもそもルアーウェイト範囲は大きく2つの要因から決まってきます。

それが、

  1. 強度保証
  2. 投げ心地

になります。

 

ほとんどの場合、ウェイト範囲の下限が『2.投げ心地』で決まり、上限が『1.強度保証』で決まっていると考えられます。

 

つまり、表記の範囲を遥かに下回るウェイトのルアーでも使用自体は問題ないということです。

ただし、ロッドの硬さに対して軽すぎるルアーは、キャスト時にロッドのしなりを活かせないので飛距離を出すことが出来ません。

 

一方、表記範囲の上限は、メーカーが「これより重いルアーの扱いは強度として保証しませんよ」としている値になります。

ただし、この値もあくまで目安にしか過ぎず、このウェイトを超えたものを扱うと必ず折れるなんてことはありません。

 

では実際のところ、どの程度まで扱えるのかというと、あくまで個人的な経験としては、表記上限の倍くらいまでは問題なく扱える印象です。

しかしながら、そのような重いルアーをキャストする際には少し気を使ってはいます。

具体的には、適正範囲内のルアーをキャストするときよりも、ルアーをゆっくりと加速させていくイメージでキャストしています。

というのも、あまりに急に加速させるとロッドが急激にしなり、破損するリスクが出てくるためです。

 

適正ウェイトの倍くらいまで扱えるとは言いましたが、あくまで自己責任になりますし、安心して使用するのであればやはり適正ウェイトに従っておくのが無難だと思います。

ただ、オカッパリアングラーのように「ロッドの本数は少なくしたいけれどいろいろなウェイトのルアーを扱いたい」という方は、キャストの仕方を工夫することで、適正範囲から外れたルアーでも扱うこと自体は可能ですので、少しずつ適正範囲から外れたルアーで感覚を掴んでいくのも良いかと思います。